FC2ブログ
topimage

2020-05

左手のこと - 2009.12.13 Sun

今日は、普段の更新に書けなかったドンタコスの左手の事について書こうと思います。
ドンタコスの昔からの知り合いの某大手掲示板の住人さんはよくご存知ですよねw

去年の8月16日にお仏壇屋の前で出会ったドンタコスは左手を大怪我をした子猫でした。
ドンタコスとの出会い①ドンタコスとの出会い②に詳しく書いています。

左手の怪我は、骨折は一ヵ月半くらい外傷は4ヶ月半で治りました。
骨折と外傷が同じ場所だったので、包帯の巻き替えの度にギプスをやり直す感じでした。
その時のドンタコスの左手は皮膚がない状態で、肘から先は辛子明太子みたいな生々しい状態でした。
指先は壊疽で指が2本落ちてしまったようで、ドンタコスには爪が3本しかありません。

骨折が治った時には、ドンタコスの左手の関節はもう変形し始めてました。
通常ドンタコスみたいな怪我をした猫さんは、肩からの断脚をするのが通例らしいです。
下僕も2ヵ月経った頃、あまりの傷の治りの悪さに半分諦めて断脚手術を受けようと思い始めました。

一番遊びたい盛りの子猫時代、治る見通しも立たないのにエリザベスカラーをつけて包帯グルグル巻きの
不自由な生活を続けさせる事に迷いを感じていました。
不妊手術を受ける時期が近づいている事もあって、断脚手術を受けるなら体重が2kgを越える頃に
先に手術した方がいいとの見解でした。

下僕2にどうするか(治療継続か断脚手術するか)相談しました。
下僕2の考えは、この先治療費が掛かっても左手は温存する。もし治った後に左手を突いて傷が再発したら
その時は断脚手術を受けるでした。勝つ確率はかなり低い賭けでした。

去年の12月に入った頃、左手を保護する事を考え始めて色々試行錯誤して今の保護服が完成しました。
最初の頃は機能重視だったけど、最近は布地に凝ったり下僕の自己満足に走ってますw

ドンタコスは手を床に突いて歩くけど、左手の指~甲の部分はタコになって丈夫になってきてます。
先生の話では、炎症を起こさずにこの状態を維持できるのは珍しいことらしいです。
堅い床を飛び跳ねるのは無理があるけど、柔らかい床だったら飛び跳ねて遊べます(*´∀`*)
左手が短いのでどうしても背骨が変形しちゃうけど、普段の生活は普通の猫さんと変わらないかもウフフ

『ドンタコスの左手』 ←変形した手なので、グロが苦手な方はスルーして下さいね

『今日のドンタコス』
IMG_6175.jpg
ちょっと食欲が落ちたのは薬のせいかな?

暫くブログ管理に使う時間を最小限にして、その分ドンタコスとの時間を増やそうと思います。
下僕の楽しみだったコメントの返信をお休みさせて頂きます。ごめんなさい。

【下僕用記録】
しこりの大きさ変化なし



イヤゲ物企画の応募は『こちら』まで(*´∀`*)
奇特な方の応募をお待ちしてますウフフ

● COMMENT ●

NoTitle

ドン子ちゃんの左のお手々の事は、このブログに最初に来たときに全部読ませて頂きましたが、
やっぱりそこまでしてあげられた下僕さんに対して、
ほんとに頭が下がりますよ。素晴らしいの一言です。
いい人に助けて貰って、ドン子ちゃんは幸せですね。
怪我をしちゃって去年は大変だったけど、
代わりに大切にしてくれる人間の家族をゲット出来たし、
腕は温存できたのですから、結局はかなり強運なニャンコだと思います!
今はキラキラと大きく輝いているお目々が、ふっくらとしたお顔が、カラフルで綺麗な保護服が、
ドン子ちゃんの幸せを表していますよね。
ちょっとお薬のお世話になっているようですが、
いい結果に結びつくといいですね、祈っています!
実は甘えん坊のドン子ちゃんと、たっぷり遊んで甘やかしてあげてください♪
私も、うちの2匹をたっぷり甘やかしてあげたいと思います!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

感無量

おーぅ 左手綺麗に癒えましたね!
なんかレロレロしたくなる色ツヤ
奇遇にも昨晩 初期の記事を読み返し、保護当時を懐かしんでいた所です
ゲソゲソに痩せてグッタリしてた魚肉ソーセージさんがこんなにまぁるくw美しく育つとは
瞳の奥の寂しい奇しい色が消えましたね
これも下僕sさん達の愛情の賜物だなぁとシミジミ感じ入りました
下僕2さんの強い意志にもウルウルしてしまいました
眉間のしこりが早く消えて健やかな日々が過ごせますよう祈ります
あと下僕2さんの愛も報われますよう祈ってますw

お初にコメント差し上げます

ドンタコス嬢の成長を当初からこっそりと拝見させていただいておりました。
当時は携帯からでしたので、ねころんの中でうにょうにょころころと転がっているドンちゃんのムービーは未だ旧携帯に残っております。

下僕さんの愛情なしには食餌を摂らないドンちゃん、昔読んだ短編で
「ある主人に拾われ、社会から隔離され主人のみにペットとして愛された混血の少女が、主人の愛情なしには食餌を摂ることができなくなり、主人急死ののち他人の世話を拒否し静かに息を引き取る」という物語があったのを思い出しました。星新一だったかな?
ひとりぼっちだったドンちゃんには、今ほんとうに下僕さんたちが必要なのですね。

ドンちゃんと下僕さんのちょっぴりせつないような、でもかけがえのないとても幸せな日々を
これからも楽しみに拝見させていただきます。

初めてコメします。

本当に、よくぞここまで…と画像みてウルッとしてしまいました。ネコ神様が「この2人なら任せられる!」とドンちゃんに引き合わせてくれたんだろうなぁ…。

げぼくさんたちの愛情いっぱいうけて、どんどん表情ゆたかになっていくドンちゃんの写真を見返してると、「ドンちゃん愛されまくりw」とニヤニヤしてしまいます。

こちらのブログをみるたびに、自分もお嬢様との一日一日を大切にすごさなくては!と思いを新たにしています。

これからもドンちゃんとげぼくさんたちにたくさんの幸せが訪れますように。

NoTitle

左手温存の賭けを決断した下僕2さん、パチパチ。
切る切らないじゃなく、その子の生涯にわたって、障害ごと引き受けようと決めた心に、拍手です。
今の、ドンちゃんの遊びっぷり、愛されっぷりを見てると、しみじみ良かったなぁと思います。

もちろん、手の無い猫さんも、元気に過ごしてる子も多いですし、少しでも良いようにと、愛情を注いで貰ってる子もいらっしゃいます。

みんな、愛されて幸せになれるといいのに・・・
(下僕2さん含む(笑))

ドンちゃん、食欲大丈夫かな?
お薬のせいかな??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

私も時々思い出して、読み返している一人です。
応援することしかできないけれど、ドンちゃんが下僕さん達の愛情に包まれて、元気な綺麗な猫ちゃんに成長されたことがとても嬉しいです。
そんな某所の名無しさんも居りますw

お腹を壊さなくても、抗生剤を飲んでいると食欲が落ちることがありますが、気になるようでしたら白装束の館にGoですわよ、下僕さま。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

ドンちゃんの左手、きれいで一部毛皮も着ているんですね。
下僕さんに会わなければあり得ないこと、本当に良かったです。
人間不信だったかも知れないドンちゃんが、なでなでしないとお食事しないのは下僕さんへの感謝の気持ちかも。

今日も目を洗わせていただきました、無理のない程度に更新していただけるとうれしいです。

NoTitle

あの頃リアルタイムでドンちゃんの様子を伺っていました。断脚手術も迷っていらっしゃいましたよね。
お目にかかることはないげぼくさんと猫さんなんだけど「どうか無事で!」と祈らずにはいられませんでした。
それがここまで・・・感無量です。
げぼくさん頑張りましたよね、もちろん一番頑張ったのはドンちゃんですがv-238

日曜の昼から目を洗わせてもらっちゃった。
ドンちゃんの食欲が回復しますように、お大事になさってください。

NoTitle

こんにちは。昔の記事に比べると大分、きれいになったと思います。
保護服を着替えさせるときなど、毎日ドンちゃんの足をみてつらい気持ちな時はあると思うけど、下僕さんたちの愛情とドンちゃんの頑張りが今のこのあんよなんだな~て思います。

傍から言ってるのは簡単なことだよね。

悲観せずに、前に進んでいく姿は元気づけられます。

これからもよろしくね、下僕sさん、ドンちゃん♪

NoTitle

こんにちは。
はじめは、ドン子様の写真がかわいくて目にとまりました。
それで保護服のことを知り、記事をすべて読みました。
よく頑張ってここまで。。涙なしでは読めません。
しこりが消えますように。お祈りしています。

NoTitle

温存することを決断されてから、
ずーっと不安と闘ってこられたんですね。
左手、文章から想像してたのよりも、すごくキレイです。
出会いは偶然じゃなくて、運命ですよね。
ドンタコスさん、下僕sさんに出会えてよかったね。
ドンタコスさんへの愛情がいっぱい詰まったブログだな~と思いながら
いつも見ています。これかも、応援しています!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

ドンちゃんの幸せそうな顔が全てを物語ってる気がします。
左手のハンデも感じさせないのは下僕さん達のおかげですよね。
ドンちゃんの左手、素直に可愛いなぁ~と思いましたよ。
でもそれは下僕さん達の愛情のおかげです。
水のみ台ひとつにしても、ものすごく愛情を感じますもん!
大変な事も多いでしょうが、応援しています!!
しこり、何ともありませんように。

NoTitle

下僕さんとご主人様との出会いと、それからの戦いの日々の事を拝読すると、何度読んでも心が震えます。
そして思います。
ご主人様、本当に下僕さん達に出会えてよかった。。。

下僕さんが、左手の写真について脅かされましたけど、左手は私にはとてもとてもきれいに見えます。
そしてタコは、ご主人様の生命力の素晴らしさを感じますね。
医学だけは絶対法則通りにいかない科学と聞きます。
個体の潜在力は往々にして医学の予想をはるかに超えるからです。

左脚の切断に踏み切らなかった事は大正解でしたね。

ご主人様の敏捷に遊ぶ姿を見ると、ものすごく身体能力に驚きます。

しこりもそのうち消えて、数ヵ月後、そんなこともあったけな位の話になりますよ!
今日はいつも以上に、ご主人様と下僕さん達の歴史と絆を感じました。

NoTitle

過去記事も拝見させて頂いてましたが、
あらためて、ドンちゃんの強運
そして下僕さんと下僕2さんの、愛情だけでは引き取れないだろうと思う
強い思いに頭さがります。

いまのドンちゃんの瞳がかわいく澄んでいるのは
下僕さんと下僕2さんのおかげです。
かたくなってるということは、ドンちゃんにとってはいいことなんですね。
人間の皮膚の角質がかたくなってきてるような状態でしょうか

強運のドンちゃんなら大丈夫^^
これからもぜったい、困難なんか吹き飛ばしますとも!

ドンちゃんの左手、拝見しました。グロなんてとんでもないです。
むしろ、下僕sさん方に守ってもらったこのおててで、ドンちゃんが
一生懸命走ったり遊んだりしてるんだって思うと愛おしさを感じます。
自分の猫の話で恐縮ですが、うちのつくしも拾ったときにかかっていた
結膜炎の後遺症で涙管が癒着してしまい、今でも左目はいつも
腫れていて、常に涙が出ている状態です。
もちろん、ドンちゃん自身の大変さや下僕さんのご苦労はつくしの
左目のそれとは全然比べものになりません。
でも、その涙を拭き取ってあげるたびに、この程度の後遺症で
よかった、って心底思います。
生きて傍らにいてくれることは何事にも代えがたいことですよね!
きっと下僕さんもそんな思いを感じていらっしゃるんだろうなって思いました。

ドンちゃんと下僕sさんなら、これからもきっと愛のパワーで困難を乗り越えて
いかれることと思います(*^_^*)
今回のしこりも!!

コメントありがとうございます

下僕の一方的な更新なのに沢山のコメントありがとうございます。
いつか、ドン子の手の事を記事にしたいって思ったのだけど
今がタイミング的に丁度いい時期かもと思って書いてみました。
下僕sがいくら頑張ってもドン子がそれを受けれてくれなければ
今の生活はなかったと思います。
ドン子は今はドS猫だけど、潜在的にはM猫の素質があるのかもウフフ

下僕のドン子への思いは、みなさんと同じですウフフ
下僕じゃなくても、このブログを見て下さってる方なら
同じ事(それ以上かも)をやった思います。

鍵コメさんへ
リンクの件、こちらこそよろしくお願いします(*´∀`*)

NoTitle

私も写真、全然グロなんて思わなかったけど?
ドン子がいつもカーペットやソファの上にいて
床にいないのは、そういう理由だったのね~

下僕ってほんとに下僕になるべくしてなったのね
猫がドン子が好きってだけではここまで出来ないでしょ
あふれんばかりの愛ね。
二人とも、ほんとに優しいのね~

きっと下僕sはドン子にとっての猫神さまね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

長文ですいません。

ご無沙汰してます (;^_^A アセアセ・・・

ドンちゃんの手、以前うちにいた子(ポー♀)の左足によく似た形です…。
うちに来た頃(推定3歳)にはもう足の甲で歩いていました。
肉球が上を向き、L字のような形でした。
元の飼い主の話では、小さい頃足を引きずって道端を歩いていたそうです。
だから、生まれつき足が変形してるのだ…と元の飼い主も私思ってました。
しばらく経ち何かで病院に行った時の事ですが、足の変形は生まれつきのものではなく、事故によるものだと言われました。
おそらく事故か何かで左足をケガし、治療も何もしなかったからこのように変形したのだろうと。
その時(当時、6~7歳)はもう骨も固まっているし今から特別できる事は無いと言われました。
うちに来た頃は3歳くらいでしたが、今思えば、左足のせいで大きくなれなかったのだと思います。
体重は2.6キロほどでしたが、でも一応ペルシャか何からしく、毛がとても長かったので大きく見えていました。
うちに来てからも、左足は絶対に触らせてくれませんでした。
おそらく痛かったのだろうと思います。
でも、ソリッドゴールドの関節サポートというサプリメントをあげ続けたら低いですが、ジャンプをするようになり、椅子に飛び乗ったりするようになったのです。
その頃くらいから、左足を触っても前ほど嫌がらなくなったのです。
このサプリのせいかどうかはっきりした事はいえませんが…何かの参考になればと思います。
ただ、ポーは左後ろ足でしたから、ドンちゃんほど大変ではなかったろうとは思いますが…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dontakosu0816.blog81.fc2.com/tb.php/287-0b7fdd3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日曜日のドンタコス日記 «  | BLOG TOP |  » 金曜日のドンタコス日記

プロフィール

ドンタコス下僕

Author:ドンタコス下僕
【名前】ドンタコス
【猫種】三毛猫
【誕生日】2008年5月16日(仮)
【性別】女の子
【病歴】FIVキャリア
    腎不全
【お世話係】下僕・下僕2
【特技】美少女フィルター
【部活】三頭身倶楽部

カテゴリ

子猫拾った (2)
保護~1ヶ月目 (4)
1ヶ月目~2ヶ月目 (2)
2ヶ月目~3ヶ月目 (2)
3ヶ月目~エリザベスカラー卒業 (2)
画像(2008/8) (1)
画像(2008/9) (5)
画像(2008/10) (5)
画像(2008/11) (3)
画像(2008/12) (3)
画像(2009/1) (3)
画像(2009/2) (4)
ドンタコスの手の事 (3)
ドンタコスな日常 (1457)
今日のドンタコス (1514)
病院にまつわる備忘録 (52)
ドンタコスのコスプレ部屋 (194)
コスプレダイジェスト (1)
ドンタコスの冒険 (18)
保護服 (101)
手作りハーネス (6)
投薬方法 (4)
歯磨き (13)
爪切り (2)
毛玉ケア (1)
強制給餌・強制給水 (1)
ドンタコス用便利アイテム (6)
ドンタコスの記録 (1)
病院の検査記録 (1)
自宅での尿検査 (4)
ドンタコスのお水事情 (1)
塩分濃度測定 (1)
ドンタコスエリア (2)
ドンタコスグッズ (11)
もうひとつのドンタコス (16)
病気(膀胱炎) (8)
病気(しこり) (12)
トラブル(誤飲) (9)
病気(食欲不振) (15)
病気(腎臓) (15)
病気(ストラバイト) (4)
病気(リンパ球) (5)
病気(嘔吐) (3)
病気(下痢) (1)
噛みハゲ(経過観察) (2)
手の腫れ(経過観察) (1)
療法食 (1)
お薬の事 (3)
チアリーダー増刊号 (12)
三頭身チアリーダー部 (2)
しま汁キッカー検定 (4)
やっぱりイニャバ企画 (3)
スーパーニャン (4)
ZNC(残念な猫飼い倶楽部) (2)
猫頭on猫頭 (1)
縞猫凶暴倶楽部 (2)
珍獣コレクション (1)
発芽倶楽部 (1)
妖怪ぺろりんちょ (1)
残念猫友の会 (2)
1パコは1クロワッサン? (1)
ドンえもん (3)
大和にゃでしこ (2)
頂き物&ありがとう (271)
猫会&猫展 (35)
イベント (15)
その他 (11)
サボリ更新 (93)
本日休業 (62)
地中海クルーズ旅行 (11)
旅行 (1)
雑記 (2)
モラタメ (2)
苺レポ (6)
ドンタコス&とらお♂の日々 (18)
とらお♂観察日記 (25)
小虎別館 (9)
気まぐれなお針子 (59)
ドン子印のバンダナ (28)
ドンタコスのお世話 (2)
いちご兄妹(仮)広報部 (19)
里親募集応援 (4)
独り言 (3)
お知らせ (2)
納得できない事 (2)
震災関連 (6)
未分類 (0)

Twitter

Counter

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

思い出

【ドンタコス&とらお♂】
2013062801.gif

部活動

【三頭身倶楽部】
3_don1.jpg


【三頭身チアリーダー部】
3_donko.jpg


【三毛を愛でよう】ミケバカ4号
mikebaka.jpg
誰でも入れるよ♪


【やっぱりイニャバ126ニャンのっても大丈夫】
inaba03_1123.jpg


【inyaba126】
i_donko.jpg


【スーパーニャン】
001_donko.jpg


【ZNC(残念な猫飼い倶楽部)】
01_donko.jpg


【猫頭】
neko01_dontakosu.jpg


【チーム・チムチム】
team_timutimu.jpg


【スーパーニャン★ALLSTARS】
supernyan_all20120112.jpg


【縞猫凶暴倶楽部】
waruneko01_donko.jpg


【珍獣コレクション】
2012021503.gif


【発芽倶楽部】
hatsuga01_donko.jpg


【妖怪ぺろりんちょ倶楽部】
youkai01_donko2.jpg


【残念猫友の会】
zannen01_donko.jpg


【ぱむぽむギャルクラブ】
815438199_1596146.gif


【ぼく○○えもん!】
dora01_donko.jpg


【ぼく○○えもん!ALLSTARS】
dora_allstars01.jpg


【大和にゃでしこ】
kimono01_donko3.jpg


頂き物

【タラさんの作品】
don.jpg


【スペシャルキャット認定証】
dontakosu_special_cat.jpg


【ライアー*さんの作品】
dontakosu_hime.jpg


【ドンタコスアバター】
donko5_avatar.jpg


【まゆげ恋二郎さんの作品】
2011051302.jpg


【まゆげ恋二郎さんの作品】
2011051301.jpg


【ライアー*さんの作品】
2010121701.jpg


【NYAN'S NON-NO 2月号】
2011_2.jpg


【尻枝家政婦紹介所】
etsukodonko.jpg


【なかよし♪】byまゆげ恋二郎さん
20110325034846fa8.jpg


【ハト胸ニャンコ選手権】
2011040803.png


【まゆげ恋二郎さんの作品】
2011051201.jpg


【萌猫さんの作品】
f_donko_moe.jpg


【まゆげ恋二郎さんの作品】
2011082401.jpg


【ちょ☆ボ缶さんの作品】
manmaru_donko.jpg


【雨音さんの作品】
amane_donko.jpg


【まゆげ恋二郎さんの作品】
2013080101.jpg


【雨音さんの作品】
amane_donko_torao.jpg


【まゆげ恋二郎さんの作品】
donko_koijirou.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード